ディスクロード搭載

ディスクブレーキ仕様のロードバイク

f:id:Ride-na:20210705003851j:plain

これをロードスターの助手席に搭載する場合は不用意な力が加わると簡単に曲がってしまうローターに配慮して、搭載する順番を変える必要があります。

 

ロードスターに対する保護と合わせた搭載の手順は、

まず助手席側のドアを傷付けないようにチェーン全体に保護材をかぶせて 

f:id:Ride-na:20210704163924j:plain

ペダルが動かないように固定 

f:id:Ride-na:20210704163943j:plain

f:id:Ride-na:20210704164006j:plain

 

センターコンソールボックスを傷付けないように、ハンドルやシートチューブの先端にはゴルフのヘッドカバーを被せて

f:id:Ride-na:20210704164029j:plain

f:id:Ride-na:20210704164051j:plain

 

シートにいくつか置いたクッションにフレームを載せてシートベルトで固定 

f:id:Ride-na:20210704164115j:plain

 

フレームの上にドーナツ型のクッションを置いて 

f:id:Ride-na:20210704164137j:plain

 

その穴の中にカバーしたリヤホイール(カーボンホイールなのでホイールにもカバー)のスプロケット側を差し込む  ※ロードスターに搭載できるサイズのロードバイクの場合ローター側をフレームに向けるのは難しいf:id:Ride-na:20210704164214j:plain

載せたホイールはハンドルと 

f:id:Ride-na:20210704164243j:plain

フロントホークに固定すれば走行中にガタつくことはありません

f:id:Ride-na:20210704164334j:plain

 

カバーを掛けたディスクブレーキのローターの周りにクッションを置いて 

f:id:Ride-na:20210704164406j:plain

 

フロントホイールを上に載せてホイール同士を固定すればokです 

f:id:Ride-na:20210704164453j:plain

で、ここで下側のリアホイールのローターを傷付つけることがないように串刺し(直径10mm✕長さ200mmの木の棒)にして、二つのホイールを一体化しておくことがディスクロードバイク搭載のキモになります。

f:id:Ride-na:20210705071513j:plain

 

ちょっとホイールカバーが目立つか? 

f:id:Ride-na:20210704164518j:plain